• OVERHEAT MUSIC

ピーター・トッシュ・ミュージアム、キングストンにオープン

 オープン前、彼の72歳の誕生日10月19日には政府やマスコミ関係者を招いたオープニング・セレモニーがあり、首相のアンドリュー・ホルネスをはじめ文化大臣のオリビア“バブジー”グランジ、そして元文化大臣など政府の文化・音楽担当の要人も出席。息子のアンドリュー・トッシュと一緒に襲撃にあい一命をとりとめた妻のマーレーン・ブラウンも出席する豪華なオープニングでした。セレモニー終了後に招待者には博物館を公開しましたが、この時点ではまだ一般公開の日は発表されませんでした。

 そして10月22日には、彼の誕生日を祝うコンサートもミュージアムのあるパルスで行われましたが、ショウはキングストンで行われるショーにしてはかなり豪華でした。司会がトミー・コーワン、出演メンバーはホストでもある息子のアンドリュー・トッシュ、トニー・レベル、若手からはカバーカ・ピラミッド、クロニクス、レイジング・ファイヤー、エターナ、マーシャ・グリフィス、トゥーツ・ヒバート、トーラス・ライリー、ルシアーノ、全員が自分の持ち歌ではなくピーターの曲を1〜2曲歌うというコンサートだったのですが、中でもルシアーノが歌った「legalize it」は本当に素晴らしい1曲でした。バンドもトッシュのオリジナル・メンバーだったベーシスト、フーリー・フルフッドとギタリストのドナルド・キンセイも参加、このキンセイのギターソロが素晴らしく観客一同聞きほれてしまいました。

 最後にはあのモーガン・ヘリテージの父デンロイ・モーガンや、スペシャルゲストにはビートルズのリンゴスターの息子で元OasisとかThe Whoのドラマーだったザック・スターキーがギターを弾き、その嫁とピーターの家族がステージに上がってワンラブを歌ったりとなかなか楽しいイベントでした。実はこのコンサートにミック・ジャガーがお忍びで来るという噂もあったのですが、さすがにミックは現れませんでした。残念。このコンサートの模様はreggaeville.comで見ることができますのでトッシュ好きの方はぜひ。

 場所はデボンハウスに近く、入場料は20US、開館時間は朝10時半から夜7時まで。ジャマイカに来られる方は、ぜひあのギターを見に行ってください。

 博物館住所:the peter tosh square, plus centre, 38A trafalgerRD Kingston 10 

● Peter Toshの娘Niambe インタヴュー


ページ: 1 2