• DUBFORCE
  • OVERHEAT MUSIC

2016年末〜2017年始ジャマイカ・コンサート・レポート


Text & Photo by Jun Tochino

キングストンのゲストハウス“ラブリッシュ”を経営しつつレゲエ三昧のジュンちゃんことトチノ・ジュン。昨年末から今年にかけての変わりゆくジャマイカ・コンサート事情をド〜ンとお届けします。

● Ska & Rockstedy Festival (2016/11/26)

2016年11月26日、第1回スカ&ロックステディ・フェスティバルがキングストンのボブ・マーリー博物館の並びにあるラニー・ウイリアムス・センターで行われました。当日の入場料が通常よりもJ$3,500、VIPはJ$6,500と今回は少し高かったのと日中から開場時間までかなり激しい雨が降ったせいか客足はあまりよくなかったのですが、お客さんの三分の一は外国人というかなりインターナショナルな感じでした。内容はU-Royから始まってストレンジャー・コール、ボブ・アンディ、キング・オブ・スカのデリック・モーガン、そしてロックステディー代表でリロイ・シブルス、この日の目玉トゥーツ・ヒバート。最後はスペインからのソウェト・スカ・バンドと、さらにこの日の目玉は、ジャマイカ帰国中に(衣装も無いが)突然出演が決定したBBシートン&ゲイラッズ。ラインナップはスカ、ロックステディ好きにはたまらない最高の内容で、年配ジャマイカンが懐かしのスカ・ダンスを踊っていたりで本当に楽しかった。トゥーツ・ヒバートのショーもすごく素晴らしかったのですが、バンドチェンジに1時間近くかかりトゥーツ自身のステージも1時間半もあって、ソウェト・スカ・バンドが出てきた時には1時半。
ゲイラッズ(BBシートン)が出たのは2時過ぎ、しかも雨の後でものすごく寒くて、せっかくイギリスからのスペシャルゲストBBシートンなのにほとんどのお客さんは帰ってしまい本当にもったいなかった。トゥーツの後に出たスペインのスカバンドがすごく良くて、その後のゲイラッズも、「My Jamaican Girls 」とか「Over The Rainbow’s Ends」とかこの私でも知ってるヒット曲がたくさんあり、声も出てるしすごく良かったのに残念。BBシートンは4月後半には日本ツアーもあります。
もし来年このフェスティバルの第2回が開催されるならぜひ日本のバンドに来てもらいたいですね。

● Smile Jamaica 40th Anniversary Concert @ Bob Marly Musiam 2016/12/3 

ボブ・マーリーがスマイル・ジャマイカ・コンサートをやってから40周年記念ということでボブ・マーリー博物館でボブの子供たちによる無料コンサートがありました。スマイル・ジャマイカ・コンサートというのは1976年、政党間の抗争が激化し政党支持者同士の襲撃が日に日に激しくなっていたのを和解させようと企画された平和コンサートです。
コンサートの2日前、現ボブ・マーリー博物館(当時ボブの自宅兼スタジオ)でリハーサル中にボブやリタ、そしてマネージャーのドン・テーラーが侵入したガンマンに撃たれたが全員奇跡的に助かった。2日後、怪我を負いながらもコンサートの舞台に立ち90分のコンサートを行い、暗殺を恐れたボブはコンサート会場からヘリコプターでブルーマウンテンへ移動し、次の日には自家用ジェットでバハマに飛んで、この後ガンで亡くなるまでジャマイカに戻ることはなかったという伝説のコンサートです。
コンサートに出演したのはドレアイランド、メリッサ、Jah 9などの若手のラスタ・アーティストが中心でしたが、メインはサード・ワールドとトゥーツ・ヒバート。そしてスティーブン・マーリーの娘がDJとして出たり、スティーブン、キマーニ、JR.ゴングなどボブの息子たちによるステージ、最後は息子たちが自分たちの娘や息子(ボブの孫たち)をステージにあげてみんなで手をつないで一家団結を見せたコンサートでした。入場料は無料でしたが前週からボブ・マーリー博物館で一応無料のチケットを配っていてこれがなければ入れないといわれていましたが、当日でもチケットを配っていて何の問題もなく誰でも入れる良いコンサートでした。

 

●12月のStingやEast Kingston Jamboreeが中止、全滅状態

ジャマイカ音楽業界が不況なのか?去年の年末から今年の年始に行われる恒例のコンサートがいくつか中止になりました。
まずは毎年12月1週目の水曜に行われるEast Kingston Jamboreeは、キングストンのダウンタウン地区の治安がかなり悪かったので中止。
そして最も大きいニュースは30年以上続いてきたStingがキープされなかったことです。通常なら11月中旬に高級ホテルで出演者発表の記者パーティーが催されるのですが、ニンジャマンやバウンティー・キラー、ビー二マンなどの大物が「主催者のレンが出演料を支払わないので出ない」と次々に表明し若手のポップカーンやアルカラインなどもそれに続き、結局12月中旬になっても出演者発表はなく、1週間前になってまさかのキャンセル。30年以上続いたジャマイカのビックダンスなのに本当にあり得ない状況。去年までついていた大型スポンサーのダウンサウンドが下りたことや、アーティストたちの出演拒否の影響だったのでしょうか?
「今年はやる」とアナウンスしていますが、一度ストップしたビッグダンス、大変むつかしいはずなので残念としか言いようがありません。
クリスマス時期にキングストンで行われていた大きなコンサートがなくなったのは寂しくて仕方がありません。

▼▼次のページへ▼▼


ページ: 1 2