• matt sounds
  • OVERHEAT MUSIC

Wackie’sのLloyd “Bullwackie” Barnes


Interview by Shizuo”EC”Ishii Translated by Ichiro Suganuma

 Lloyd Barnesにインタヴューの約束をしていた。NYを代表するレゲエ・レーベルWackie’sのボス、Bullwackieのことだ。だがその約束の日に何度電話をしても応答がなかった。気になっていて数日後、彼の誕生日にSkypeをしてみると心臓バイパス手術で入院し、昨日退院して来たと言うではないか。
「それではまた1週間後に」と約束して電話を切った。

●手術後1週間経って調子はどう? インタヴューできるかい?

Lloyd Barnes(以下、B):気分は前よりずっといいよ。まだ家で休んでいるけど、でも大丈夫だ。

●まず子供の頃の話から聞くけど、Lloydはどのような環境で育った?

B:父は私が8歳の時に亡くなったんだ。私が生まれた第二次世界大戦の終りごろに父はジャマイカの軍人だった。私が生まれたのはトレンチタウンのジョーンズタウン。あの地域はジャングルと呼ばれる以前はゴミ捨て場だった場所だ。そこの生活も悪くなかったよ。母と住んでいて、兄弟姉妹と公立の学校に通っていた。母は服を縫ってマーケットで売ったりしていたから自分も裁縫を学んで助けるようにしていた。興味があったからその後、仕立ての仕方をもっと学んで男性用の服を作ったりもした。Stranger Coleの服も作ったりしてたんだよ。彼とは幼なじみで一緒に育ったんだ。Ken BootheやGladdy(Gladstone Anderson)たちも皆同じ地域の出身なんだ。だからそこにはいつも音楽が溢れていた。内装や室内装飾をやってたこともある。クリケットやサッカーが好きで遊んでいたよ。

 当時の音楽と言えばスカが全盛だった。つまり初期の話だ。私はDuke Reidのトレジャー・アイル・スタジオによく行くようになっていた。Stranger Coleもそうだった。彼はDuke Reidと多く仕事をしていたからね。 あとはSkatalitesともよく一緒にいたな。Prince Busterのために歌ったこともあった。子供の頃だ。ずいぶん昔の話さ(笑)。Prince Busterとレコーディングした曲の一つは「While I was walking」だ。スカの曲だった。あと子供向けの曲で「Ging Gang Goolie」をスカでやったこともあるんだ。ミュージシャンはJohnnyがドラムで、Leroy (Sibbles)がベースだったね。いつだって音楽の近くにいたんだ。

●それは何年ごろのことですか?

B:60年代の初めのころだ。アメリカに来たのが1967年だからね。その頃はトレジャー・アイル・スタジオに入り浸っていたよ。それはStranger Coleがレコーディングセッションを仕切っていることが多かったからね。そこにはTommy McCookやDon Drummondもいたよ。それはずっと初期の話だ。
 Prince Busterが「Wash Wash」とかを歌っていた頃、Muhammad Aliが彼を訪ねてジャマイカに来たことがあるんだよ。

●えっ、本当?

B:そうだよ、Prince BusterとMuhammad Aliは友人だったからね。Prince Busterがボクサーだったのは知ってるだろ?ムスリム(イスラム教徒)という共通点もあってね。Prince BusterはMuhammad Aliに「俺だったら2ラウンドでノックアウトで勝利する」と冗談を言い合うくらい二人は同じような性格で気があっていたんだ。

●ロイドはなぜNYに移ることになったの?

B:当時のジャマイカは政治的な対立が激しくてキングストンは治安が悪かったんだよ。以前ならジャマイカのどこに出歩こうが全く問題なんてなかったのに、政治的な紛争が全てを変えてしまったんだ。ジャマイカを分断したんだ。それは音楽にとってとても良くないことだった。たくさんのシンガーが、住む場所の違いで対立しあわなければならなくなった。政治的なことに関わりたくはなかったが、いつも普通に行ってた場所に突然行けなくなったんだ。若い奴らにとっては気に入らないことだった。自分はBunny WailerやPeter Toshと同じエリアに住んでいて、Bob (Marley)もそこで練習していたよ。White Streetで、いつもBongo Jerryがギターを弾いていた。 初期の話だ。
 その頃は二人のキーボーディストがいた。一人はTheophilus Beckfordだ。ボグジーってよばれてた。彼自身が歌ったのも何曲かあって「Easy Snapping」は彼の曲だよね。彼もトレンチタウンの出身だ。もう1人が”Gladdy”Anderson。その頃よく一緒にいたシンガーがKen Boothe、Stranger Cole、Patsy(Millicent Todd)らだった。Gladdyはその時代を代表するキーボード・プレイヤーだった。とても良い時代だった。Jackie Mittooはそのあとだね。

●どのようにしてNYでスタジオやレーベルを始めたの? それはなぜ?

B:NYに来た時に思い描いていたヴィジョンがあったんだ。当時のジャマイカはスタジオに行っても、楽器や機材に触れることはできなかった。誰もが何にも触ってはいけないし参加するのがとても難しかった。だから自分に言い聞かせていたんだ。いつかは自分のモノでプレイするんだ。そして他の人々も触れられるようにとね。もし誰かがキーボード・プレイヤーになりたいなら、キーボードに触ってもいいとね。ジャマイカではそれがとても厳しかったんだ。ミキサーなんてエンジニアしか触れなかった。エンジニアになりたくてもミキサーに触れることができなかったらどうしようもない。楽器を所有していたら誰にも触らせたくなかったんだ。だから自分でやろうと思ったんだ。NYに引っ越して来て建設現場で働いたし、学校で学んだ室内装飾で働いたんだ。
 そしてある日稼いだ全てのお金を持ってミュージック・ショップに行ったんだ。ドラム、そしてミキサー卓、、、お金を全てつぎ込んで買ったよ。マンハッタンにSam Ashっていうミュージック・ストアがあって、当時所有していた大きなシボレー・インパラのステーションワゴンで乗り付けて全ての機材を乗せてブロンクスに戻ってきて、それ以来、以前の職場に戻ることはなかった。それから毎日毎日自分のスタジオを作ることだけに没頭した。それはすごくタフだったけど、それが心から自分のやりたいことだったからね。そうやってスタジオが少しづつ機能し始めたら、ジャマイカの友達がNYに来た際に立ち寄ってくれるようになって次第に良くなっていったんだ。

●いつからWackie’sを始めたの?

B:70年代の初めごろ、自宅で始めたんだ。サウンドシステムをやっていたから自宅でダブプレートを録音するようになったのが最初だ。ブロンクスの211ストリートにあった。それが70年代の後期から80年代にかけてだね。実は最近リリースしたJoe Morganは、その211ストリートのスタジオで80年代頭にレコーディングしたものだ。みんながいいものは永久に続くんだって興奮していた。

●そこからまた移るんだよね?それはどうして?

B:そこは地下にあるスタジオだったから、上の階で水の配管トラブルが発生してスタジオが水浸しになってしまったんだ。もう地下は勘弁だよ。それで4731 White Plains Roadに移った。そこががWackie’s House of Musicだ。そこに13年ぐらいいて、80年過ぎくらいかな、Sonny(落合/石井の実弟)に出会って、OVERHEATのことを知ったんだ。ニュージャージーのSonnyの家の地下にWackie’sが移ったり、もうずいぶん昔のことだね。今でもこうやって石井と話をする。とても嬉しいことでとても尊敬してる。違う所で違うことをやっているが自分にとってOVERHEATはWackie’sだと思っている。お互い心を込めてやっている。関われてとても嬉しく思うよ。

 日本に行った時、日本の人々は色々良くしてくれた。ある日のことだ、ステージショウの前にバックステージのずっと奥に連れて行かれてジョイントを渡されて「ジャマイカ、ジャパンはジャーピープルだ」ってその彼は言っていた。ずいぶん昔の話だけどよく覚えてるよ(笑)。

▼▼次のページへ▼▼


ページ: 1 2