• matt sounds
  • OVERHEAT MUSIC

Keith & Tex


Interview by “EC”/Ichiro Suganuma

来日が決定しているKeith & Tex。10月後半からはヨーロッパ10都市へのツアー、そしてアルバムも制作中の多忙なロックステディ・デュオの近況をKeithにチェック!

●Keith & Tex の成り立ちなど教えてください。

Keith Rowe (以下、K):1966年に始めた頃は5人のグループだったんだ。友だちが集まってThe TemptationsやFour Topsのカバー曲を歌っていてその頃は名前すらなかった。ただ俺たちの歌を聴いた人たちがとても良いからレコーディングすべきだって言ってくれて、オーディションに行くようになった。Prince Buster、Duke Reidなどいくつかのオーディションに行ったけど全て断られてしまった。オーディションになると緊張するやつもいてうまくいかなかったね。やがてグループから3人が脱落してTexと自分の二人になってしまったんだ。だが俺たちは続行することを決意してキングストンのダウンタウンまで何人かのプロデューサーを訪ねて行ったら、あいにく誰もいなかったんだ。最終的にDerrick Harriottのお店に行ったんだが、彼もいなかった。でもそこで待っていれば必ずいつか帰って来ると思って店にいたら、店員の女性が自分たちの曲が入ったカセットテープを聴いてくれることになったんだ。彼女はその歌を聴いてからDerrickに電話をして、「お店で待っている2人の曲がいい感じだ」と伝えてくれたんだ。だから彼を一日中ずっと待ったよ。Derrick Harriottはようやく夕方になってやってきた。そして我々の曲を聴いて「とてもいい」と言って、幸運なことに「二日後にスタジオに入ることになっているから来たらどうだ」と言ってくれたんだ。そうやってKeith & Tex が始まった。その最初のレコーディングが「Tonight」だった。

●いまやグループを代表する曲ですね。

K:そうだ、新しい曲だったけどレコーディングの前からの曲で当時の自分の彼女について歌っているんだ。

●Texとは以前から知り合いだったのですか?

K:近所に2、3空き地があって時間さえあればそこでサッカーを一緒にやる仲間だった。

●どちらが年上でグループのリーダー的存在なのですか?

K:Texが年上だけど、どちらもリーダーだ。俺が16歳からの友達だからね。

●いつから歌っていますか?

K:自分の父親は説教師だったからその教会で歌ったり、高校の時は聖歌隊のメンバーだったよ。

●Gladstone “Gladdy” AndersonがTreasure Isleであなた達をオーディションしたと聞きしました。

K:そうなんだ。Gladdyがオーディションを担当していた。俺たちの歌を聴いて「中々いい感じだけど、まだ十分ではない」と言って断られた。それはまだ5人組でやっていた頃の話だ。でもDerrick Harriottプロデュースの曲のほぼ全てのピアノはGladdyが弾いているんだよ。彼はオーディションで我々を断ったけど、結局は俺たちの曲を演奏したんだ。だからそのことをよく冗談で言い合ったよ。

●先日、『Gladdy Unlimited』というGladdyをリスペクトするイベントが渋谷のクアトロで行われました。

K:知っているよ。素晴らしいイベントだと思う。Facebookに上がっていた映像を見たけどとてもいい感じだった。Gladdyは本当に多くのヒットソングを演奏していて最高のミュージシャンだった。

●「Stop That Train」はKeith & Texの最大のヒット曲だと思いますが、この楽曲について教えていただけますか?

K:「Stop That Train」のオリジナルはThe Spanishtoniansというグループのスカの曲なんだ。我々はその楽曲がとても好きでそのグループに許諾をもらって歌っているんだ。我々が歌い始めた頃に、音楽が少しスローになってきてロックステディが始まったんだ。

●この曲はジミー・クリフの映画『The Harder They Come』のサントラに収録されているけど、Scottyが歌う曲としてクレジットされていますが。

K:収録されているタイトルが「Draw Your Brakes」で、「Stop That Train」のインストゥルメンタルが使用されている。Derrick Harriottプロデュースで同じ楽曲、全く同じミュージシャンだ。Scottyがあの楽曲をレコーディングしているときに俺たちもスタジオにいていい感じだったから一緒にやったんだ。あの時は映画のために録音したわけじゃなかったけど収録されたんだ。Scottyは元々「Penny For Your Sound」という曲で有名なThe Federalsというグループのシンガーだった。

▼▼次のページへ▼▼


ページ: 1 2