• matt sounds
  • OVERHEAT MUSIC

遂にデジタルB音源のベスト盤が2タイトル発売!

 Bobby “Digital B” Dixon はジャマイカの80年代終わりから90年代の中頃まで、最も活躍したプロデューサーだったと言って良いだろう。それはあのShabba Ranksをオーバーグラウンドに押し上げた音楽面での功労者。普通で考えるならShabbaをCBSというメジャーにぶっ込みアメリカ、アフリカからヨーロッパ、そして日本までの世界ツアーをやった表のプロデューサーのクリフトン”Specialist”ディロンの存在を上げる人が多いかも知れない。しかしだ、Bobby無くしてShabba RanksもGarnett Silkのシンガー・デビューもなかったはず。最初はDJとしてデビューしていたGarnettにBobbyが「歌え!」と言った話は有名だ。Sizzlaだって確固たる地位を作ったのはDigital Bの『Da Real Thing』からだろう。Admiral Tibet, Ninjaman, Shabbaの3人で歌う「Serious Time」なんて当時のキングストンのベスト中のベストの布陣。というのは泣く子も黙るSteely & Clevieのトラックに3人の共作(リミックス)だから,言ってみればゴールデン・スーパー・デラックスってところだ。
そしてSanchez の「Missing You」だって絶品!、現地のダンスでかかろうものなら、そこにいる全員が歌い出しホントに鳥肌が立ってしまうほどの大合唱だった。
これらの曲が入った豪華ベストがVPから2タイトル発売される!!宝物だぜ!

『VOL.1』の『X-TRA WICKED』は、Digital Bの設立からシーンの王座へと上り詰めた80年代後半~90年代半ばの代表曲を網羅、特にダンスホール楽曲を40曲厳選、CD2枚に収録。さらに、DVD付で、Bobby Dixonと〈Digital B〉の歴史を追ったドキュメンタリー映像。本作用に制作された特別映像にはKing Jammy他、数多くの関係者・アーティストが「証言者」として出演しているらしい(まだ未見ですが)。

『VOL.2』として登場する『SERIOUS TIMES』は、Digital Bからリリースした90年代~00年代のコンシャスなメッセージ・ソング、レゲエ・ヒットの代表曲を40曲厳選してCD2枚に収録。いやはやです。『VOL.1』同様ほぼ全曲ビッグ・チューン。
さらに、MIX CD付きで、作品収録曲を中心に「HEATHEN MEGAMIX」としてUSで活動するMIX MASTER MIGHTY MIKEが制作しているそうだ。
もう一回、宝物ってこういうモンだぜ。