• matt sounds
  • OVERHEAT MUSIC

DUBFORCE がクアトロ30 周年に出演決定! (SHIBUYA CLUB QUATTRO 30th ANNIVERSARY “QUATTRO STANDARDS”)

 東京のクラブ・シーンを牽引してきた渋谷クラブ・クアトロが今年で30 周年。1988 年にオープンして以来今まで数々の伝説のライブを提供して来たのが渋谷クアトロ。実はこのクアトロのオープニング記念として登場したのが80 年代のストリート・シーンを代表するバンドMUTE BEAT だった。しかも共演が、伝説のサックス奏者のローランド・アルフォンソ(Roland Alphonso 1931年1 月12 日〜1998 年11 月20 日)。
 ローランドはキューバに生まれジャマイカに移住後はサックス・プレイヤーとして成長。スカタライツの中心メンバーとしてSKA からロックステディ、レゲエに至る60 年代〜70 年代に大活躍した文字通りレジェンド・ミュージシャン。複数のレーベルに素晴らしいソロ曲もあり、名門スタジオワン・レコードにはアルバムも存在しジャマイカ政府からはO.D.の称号も貰っていた。そんな彼とMUTE BEAT のコラボレーションはその後のクアトロの歴史を語るに充分な顔合わせであった。
 80 年代の東京のニューウエーブ、パンク、ヒップホップ・シーンが活況を呈する中、独自のストリート目線のスタンスでレゲエ/DUB バンドとしての地位を築き上げたのがMUTE BEAT。インクスティックや渋谷公会堂でのワンマンの成功などで当時の音楽好きを熱狂させていた。
 このMUTE BEAT のオリジナルメンバー3名(GOTA、DMX 宮崎、増井)を核に、同じくMUTE BEATのメンバーであった朝本浩文のためのベネフィット・コンサートがきっかけとなり結成されたのがDUBFORCE である。ある意味クアトロ30 周年に出演するのも必然であり因縁と言えるかもしれない。
DUBFORCEを構成するメンバーは、日本語ラップ黎明期からのいとうせいこう、WATUSI、アイゴン(會田茂一)、SAKI、龍山一平、コバヤシケンなどどこをとっても日本音楽史のキーを担って来たメンツばかり。DUBFORCEのデビューは15年の渋谷クアトロだったし、その後もWWW やGreenroom フェス、いとうせいこうフェス、ワールド・ハピネス、さらにはBillboard Live Tokyo などへも出演、そのデンジャラスな音はマニアをクギ付けにしてきた。
 その間5曲入りのEP『DUBFORCE』を発表したが、その独自の音楽アプローチとクオリティへの評価も高い。最近ではモンドグロッソ「ラビリンス」のDUBFORCE Remix(アナログ12”)が高価格で取引されたのも話題となった。そして、いよいよオリジナル新曲の7インチがリリースされる。

開催:2018年7月10日 (火)
チケット発売は4月21日です!
詳しくはhttp://dubforce.tokyo