• DUBFORCE
  • OVERHEAT MUSIC

FEATURE

BB Seaton (2017/1/20)

bb

Interview by Shizuo”EC”Ishii (石井志津男) Photo by Nick Caro 60年を越える長いジャマイカ音楽史の中で燻し銀のごとく輝く「Over The Rainbow’s End」「ABC Rocksteady」「Hard To Confess」など [...]


»続きを読む

Rakaa Iriscience (Dilated Peoples) (2017/1/2)

rakka

Interview by CB Ishii (石井洋介) Photo by EC LAの良識派ヒップホップ・グループDilated PeoplesのMC、Rakaa Iriscienceが日本にいるのをinstagramで発見、久しぶりに東京で会うことになった。14年には『Directors Of [...]


»続きを読む

ピーター・トッシュ・ミュージアム、キングストンにオープン (2016/11/28)

andrew_tosh_01

Text & Photo by Jun Tochino(ラブリッシュ)  ピーター・トッシュ・ミュージアムが11月にオープン。彼の誕生日を祝うコンサートもミュージアムのあるパルスで行われましたが、ショウはキングストンで行われるショーにしてはかなり豪華でした。  2016年11月1日、キング [...]


»続きを読む

The Rocksteady Night [Tribute to Alton Ellis] (2016/11/18)

therocksteadynight2016_01

Text by Ichiro Suganuma +“EC” Photo by Real☆Shot MASATO(Quattoro)、JUNYA S-STEADY(Socore), “EC” 今年はRocksteadyが誕生してから50年だと言う。実は1992年、渋谷クアトロで開催した“The Roc [...]


»続きを読む

ON MY WALL (2016/10/19)

lance

Text Yosuke”CB” Ishii Photo by Shin Okishima 2016年7月、STÜSSYのI.S.T. BACKYARD POOLが完成。このプールの初ライディングにランス・マウンテン、ブラッド・ボウマン、パット・ノーホー、スティーヴ・オルソン、スティーヴ・アルバという [...]


»続きを読む

いとうせいこう 『再建設的』 (2016/9/18)

seikoito

Interview by  平井有太(マン)  『建設的』から30周年、『再建設的』をリリース。さらに自身のコネクションを縦横無尽に体現する「いとうせいこうフェス」の開催。それでは一筋縄ではいかない幅広い活動について、いとうせいこうロングインタヴュー。 ●『業界くん物語』のアルバムが85年、同年には [...]


»続きを読む

BEENIE MAN 「Unstoppable」 (2016/9/15)

beenie-man

Interview by Shizuo ”EC” Ishii 8月頭にはジカ熱のためにカナダのショーをキャンセル、その後は横浜レゲエ祭などのジャパン・ツアーのハードワークを経てジャマイカに帰国。その直後に発表されたVPAL(VPインディ配給)からのニュー・アルバムのリリース。それも10年ぶりの入魂の [...]


»続きを読む

レゲエSumfest 2016レポート (2016/9/13)

barrington_and_shyne

Text & Photo by Jun Tochino(ラブリッシュ) 久しぶりにSumfestに行ってきました、と言っても一晩だけなんですが。Sumfestは1993年から始まったジャマイカ最大の音楽フェスとして、毎年7月3週目に4日間くらいをかけてモンティゴベイ周辺で開かれています。 [...]


»続きを読む

Jay Howell (2016/9/12)

jay

Interview by Yosuke ”CB” Ishii Photo by EC Anti Hero, Vansシューズにアートワークを、またFOXやニコロデオンに大人気のアニメーションを提供するJay Howellがふらっと僕のスケート・ショップHESHDAWGZにやってきた。さっそく色々聞い [...]


»続きを読む

MOOMIN (2016/8/30)

moomin_02

Interview by Shizuo Ishii 90年代末から2000年代にかけてジャパニーズ・レゲエ・シーンを牽引してきたMOOMIN。彼の曲を聴いてジャパニーズ・レゲエにハマった人たち、アーティストになった人たちもいる。ソニー、ユニバーサル、ポニー・キャニオンとメジャーを渡り歩き文字通りジャ [...]


»続きを読む

さんピンCAMP (ECD×RYUZO) (2016/7/8)

sanpin

Interview by 平井有太(マン) Photo by EC  7月6日、渋谷道玄坂を登っていると、当日はANARCHYの新アルバム「BLKFLG」発売日で、たまたま宣伝カーとすれ違った。向かった先は、神泉にあるR-RATEDオフィス。目的は4日後、20年ぶりに開催される「さんピンCAMP20 [...]


»続きを読む

Bulby York (2016/7/2)

bulby

Text by Shizuo “EC” Ishii ジャマイカのエンジニア/プロデューサーとして文字通り第一線で活躍してきたBulbyことCollin Yorkがソロ・アルバム『Epic & Ting』をリリースした。それも、想像した以上に幅広いアイディアで構成され [...]


»続きを読む

Grant Taylor (2016/6/27)

grant

Interview by CB ishii, Skate Photo by Gabe Morford,Other by EC  スケートボードはストリート(街、道路)で生まれた遊びだ。だからこそレゲエ/ヒップホップ誌としてスタートしたRiddimでも遜色なくフィーチャーされる。きっと昔キングストンや [...]


»続きを読む

永山愛樹 (TURTLE ISLAND) (2016/5/11)

nagayama

Text by Yuta Hirai (平井有太) Photo by Yuta Hirai, EC  今年は5月27、28、29日に、愛知県は豊田市豊田大橋下で開催される「橋の下世界音楽祭」。  楽隊、TURTLE ISLAND(タートルアイランド)の主催で2011年にはじまった宴はこれまで、例えば [...]


»続きを読む

Stranger Cole (2016/4/28)

stranger

Interview and Photo by Shizuo”EC”Ishii, Translation by Tommy Far East 昨年12月に他界したグラディのために開催された追悼コンサート「Tribute to Gladdy」に、ストレンジャー・コールがキングスト [...]


»続きを読む

Cardiel (2016/4/23)

cardiel

Text by Shizuo Ishii Photo by EC Chromeからシグネチャー・バックパックをリリースしているジョン・カーディエルが来日、ターンテーブルをプレイした。かける曲はもちろんレゲエ。Riddimとしては、これで3度目のインタヴューだから、今回はレゲエについて聞いてみた。 ● [...]


»続きを読む

DUBFORCE (2016/4/14)

dubforce

Text by Takeshi Fujikawa Photo by up_tyo, Masataka Ishida  ダブフォースは、元ミュート・ビートの屋敷豪太(ドラムス)、ダブマスター・Xこと宮崎泉(ミックス)、増井朗人(トロンボーン)の3人を核に結成された。過去2回のソロ・ライヴに参加したのは [...]


»続きを読む

Mike Vallely (2016/3/26)

mike

Text & Photo by Shizuo Ishii マイク・バレリーに久しぶりに会った。若い衆から「何だか、ジイさん出てるよ!」と言われてビックリ。バレリーのInstagramに「2002年のジャパン・ツアーでこのジェントルマン(俺のことです)に会って、こいつが56過ぎてスケート始め [...]


»続きを読む

Leroy Sibbles in Japan 2015 (2016/2/6)

leroysibbles

Text & Photo by Shizuo Ishii  2015年12月にやって来たHeptonesのLeroy Sibbles。このインタヴューは帰国直前、お決まりのような浅草観光のあと、成田空港に向かうクルマの中で行った。  来日公演はどこも大盛況だった。東京はMatt Sound [...]


»続きを読む

PUSHIM (2016/1/22)

pushim_1

Text by Norie Okabe 2014年にデビュー15周年を迎え、今なお輝きを増すプレミアム・シンガー、PUSHIM。ここ数年は、5都市でのZepp公演を含む全国ツアーを成功させるなど、充実したライブ活動を展開。そこで磨き上げた一層豊かな表現力がこのたび遂に作品に結実した。歌声の持つ説得力 [...]


»続きを読む