• matt sounds
  • OVERHEAT MUSIC

NEWS

Gladdy Unlimitedチケット発売!! (2017/8/19)

gladdy_unlimited_poster

ジャマイカ音楽を創り上げてきた草創期/60年代から80年代にかけてに大きく貢献したのがピアニスト、シンガー、プロデューサーのGladstone”Gladdy”Andersonである。 彼は2015年12月に惜しまれつつ他界したが、彼の功績を讃えようと16年からスタートしたイベントが「Gladdy U [...]


»続きを読む

HHHギャラリー惜しまれつつクローズ (2017/7/28)

Sadam_flyer6

2015年3月よりアーティストのHaroshi、Usugurowと半澤順子の3人で運営されてきたHHH galleryが7月30日でクローズする。国内外の数々の質の高いアーティストを一貫して紹介してきた画期的なHHH galleryだが、葛飾区小菅という立地が、我々のような港区を拠点にする者からはち [...]


»続きを読む

またも異なるDUBFORCE 2公演、もうすぐ! (2017/7/28)

dubforce

 モンド・グロッソ14年ぶりのオリジナル・アルバム『何度でも新しく生まれる』が大好評。その中からシングル・ヒットした「ラビリンス」の12インチにDUBFORCEミックスも収録されていて、高額で取引されているそうだ。肝心のライブはというと、昨年11月の大阪公演から、実に9ヶ月ぶりとなる2公演が発表され [...]


»続きを読む

野音指定席完売!さらにTHA BLUE HERBからリリース (2017/7/11)

tha_blue_herb

“指定席完売!” THA BLUE HERB結成から20年、10月29日にやる初の日比谷野音チケットは完売している。ご存知のようにホームは札幌だがグラウンドは全国、ワン&オンリーのTHA BLUE HERBが,この野音の前に着々とリリースをアナウンスしている。 先ずは初の公式 [...]


»続きを読む

デビュー20周年となったRUDEBWOY FACE (2017/6/26)

20th

10代でデビューしたヤングガンRUDEBWOY FACEも既にベテランとなり、なんとデビュー20周年を記念したベスト・アルバム『The Best』をリリースする。今もコンスタントにリリースを続けているRUDEBWOYならではの発売に合わせた新曲は、彼が音楽と共に歩んできた20年間をStarBwoyW [...]


»続きを読む

DUBFORCE ビルボード公演に元ちとせがゲスト参加 (2017/6/23)

hajime_chitose

 DUBFORCEは2015年11月に渋谷クアトロで初ライヴを敢行、その後行われたライヴは計6回のみ。しかも今年にいたっては、まだ1度も行われていない。その少ないライヴを観た人たちを唸らせているのがDUBFORCE。 そして遂に、今年初のライブが決定! DUBFORCEメンバーでもあるいとうせいこう [...]


»続きを読む

結成20周年のFIRE BALLが10枚目となるアルバムをリリース! (2017/6/21)

FB_PROGRESS

 近年は、ジャパニーズ・レゲエ・シーンのみならず、ロック・フェスへの出演や、10-FEETやSiMとのジョイント・ライヴを行うなど活動のフィールドを広げているFire Ball。今年、結成20周年を迎えた彼等が10 枚目となるオリジナル・フル・アルバム『PROGRESS』をリリースする。常に新しい道 [...]


»続きを読む

JUMBO MAATCHが新レベールを立ち上げ (2017/6/20)

BEAN BALL RECORDS

 既に20年以上ジャパニーズ・レゲエ・シーンの最前線で活躍し、Mighty Jam Rockのメンバーとして16枚のアルバムをリリースしているJUMBO MAATCHが新レーベルを立ち上げた。レーベル名はBEAN BALL RECORDS。BEAN BALLとは、野球で打者の頭を狙う極悪危険投球の反 [...]


»続きを読む

NHK「加計学園問題」クローズアップ現代+ 今夜 (2017/6/19)

nhk_kake

御用メディアなどとも揶揄されてもいるNHKが今夜、学校法人「加計学園」が計画している獣医学部新設をめぐる問題の“深層”と特区制度のあり方を徹底検証する。番組は今夜(6/19)月曜10時に「クローズアップ現代+」。 説明責任が果たされたとは思えないまま多くの謎を残し国会が終了し、内閣支持率も急落したが [...]


»続きを読む

Riddim誌 無料配布終了間近! (2017/6/16)

Riddim_Cover_kei

発行と同時に無くなると言われるRiddim誌だが、今回は特別に増刷して、送料のみ(本誌無料)のキャンペーン期間も延長していたが、通販対応の予定部数1000部を消化、更に追加100部もまもなく終了となる。 stüssy取扱いショップ、Tower Records、HMV、ディスクユニオン、全国のスケート [...]


»続きを読む

2PACの生涯を描いた映画「オール・アイズ・オン・ミー」がこの冬公開! (2017/6/16)

all_eyez_on_me

 死後も多くの未発表曲とアルバムがリリースされ、この世を去って20年以上が経った現在でも、世界中のアーティストや音楽ファンを魅了し続けている2PAC。 2PACとしての活動は、たったの5年間ほどだったが、今もエミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーなどが惜しみないリスペクトをするなどヒップ・ホッ [...]


»続きを読む

The Do-Over 今年は国内3都市で開催! (2017/6/15)

do_over_2017_tokyo

 休日の昼間にクラブ・ミュージックを屋外で楽しめるイベントThe Do-Over。 夏の風物詩となり、多くのクラブ・ミュージック・ファンが集うこのイベントが、今年は7月の3連休に東京、大阪、福岡で開催される。 Do-Over発祥の地、LAローカルで活躍するDJ/デザイナーのHAY COCK、ストーン [...]


»続きを読む

発売40周年の2タイトル!記念企画でリリース。 (2017/6/9)

VP4212_CONGOS_Small-768x768

レゲエ史に残るコーラス・トリオの2タイトルがスペシャル・エディションで再発された。  コンゴスと言えばセドリック・メイトンとロイ・ジョンソンのデュオ・グループとしてスタート、後にブラック・アーク、つまりリー・ペリーのもとでレコーディングされた『ハート・オブ・コンゴス』。数あるリー・ペリー・プロデュー [...]


»続きを読む

Matt Soundsのライブ決定! (2017/5/13)

rsn_2017

Matt Soundsとライブで共演したアーティストはもちろん、見た人たちからも絶讃されてきたMatt Sounds。 
ファースト・アルバム『Matt Sounds』への評価も高く、そのクオリティとセンスの良さが大好評。

 アルバムからカットされた7インチ・シングル・カット「七人の侍のテーマ / [...]


»続きを読む

カリビアン・サックスのコートニー・パインとオマーがジョイントライヴ! (2017/4/28)

COURTNEY PINE

 ジャマイカ人の両親をもつイギリス在住のサックス奏者コートニー・パインがコットン・クラブでオマーとジョイント・ライヴを行う。 コートニーは、チャーリー・ワッツとの共演を経て87年にソロ・デビュー。ジャズ、ソウル、レゲエ、ヒップホップ等を取り入れた作品群の音楽性は幅広く、Mangoからのレゲエ・アルバ [...]


»続きを読む

Riddim #343がGWに発行! (2017/4/24)

Riddim_Cover

1985年8月にOVERHEAT Pressとしてスタート、すぐに誌名をRiddimに変えて現在32年目に突入。その間レゲエ専門だった80年代、Hip Hopも少し取りあげるようになった90年代、ジャパニーズレゲエを大プッシュしてきた90年代後半から2000年代、そして現在はアート、スケートなども含 [...]


»続きを読む

新しいサーフィン雑誌「SURF MAGAZINE」が4月10日創刊 (2017/4/6)

web-fin22-1

前号のRiddim誌で初の海をテーマの写真特集が組まれ、40年間撮影してきた写真をど〜んと提供してくれたカメラマンでありサーファーの横山泰介氏からメールがあり、新しいサーフィン専門雑誌「SURF MAGAZINE」が4月10日に創刊されるという。 サーフィンを愛し、ライフスタイルとしてサーフィンが生 [...]


»続きを読む

PHOTO EXHIBITION “ $$ “ 開催!! (2017/3/22)

$$flyer

 ストリート・カルチャーで育ち今はファッション方面でも活躍する気鋭のフォトグラファー二人による写真展が開催される。1人はcherry chill will、そしてもう1人はYusuke Oishiによる写真展「$$」。 cherry chill willは、ヒップホップ、レゲエの現場を中心に活動し、 [...]


»続きを読む

ファースト・アルバムをリリースするCHRONIXXの周辺が熱い!! (2017/3/14)

CHRONOLOGY

 久々に現れた大物であるCHRONIXXのファースト・アルバムが遂に発売となる。2014年に出た『DREAD & TERRIBLE』は、彼自身「イントロダクション・企画作品」と位置づけているそうで、当時のRiddim(池城美菜子さんインタヴュー)の記事でも同様の事を言っていたのを思い出す。 [...]


»続きを読む

Matt Soundsのアナログ・シングルが発売決定! (2017/2/22)

matt

 アルバムのレコーディングが終了したMatt Sounds。その中から2枚目の7インチ・シングルのリリースが決定しているが、その曲があの黒澤明監督の代表作とも言える「七人の侍」のテーマ曲。映画「七人の侍」は1954年に公開され、その高い評価は世界的に認められ戦後間もない日本人のソウルに活力を与えたと [...]


»続きを読む